エモ車たちを追って・・・

にわかな知識を元に個人的にエモいと思った車両や、ツボな鉄道車両達などについて書いていきます。

失ったはずの前照灯は一体どこからやってきたのか・・・「169系 クモハ169-27 下吉田駅 保存車」

 

f:id:Tc203-107:20191002163939j:plain

魅力が溢れている国鉄型・・・

※この記事は以前投稿したものを

一部修正・変更の上で再投稿したものです。 

 

どうも。


地元を走る新型車両たちを見るたびに

国鉄型車両が恋しくなる瞬間があります。

 

やっぱりかっこいいですよね。

あの力強さといい、

シンプルなデザインといい・・・

 

以前に鉄博へ行った際に

改めてその事を強く思いました(笑

 

気づいたら私が好きな「東海形」

前面形状を持つ国鉄型車両も

近年どんどん数を減らしていることに

今頃になって気が付きましたね(汗

まだ西日本エリアにはたくさんいますけど(笑

 

tc203-107.hatenablog.com

さて以前に投稿した

こちらの記事に引き続き、

今回も国鉄急行型の保存車両について

書いてみようと思います。

 

今回の車両はこちらです。

 

f:id:Tc203-107:20191221081150j:plain

まさかの前面部分だけが復元保存されたクモハ169-27・・・

富士急行線下吉田駅で保存されている

169系の「クモハ169-27 」です。

 

この車両は一見すると

ごく普通(?)の保存車に見えますが

実は一つ謎があるんですよね・・・

 

そもそも国鉄型である169系が

なぜ富士急行線下吉田駅

保存されているのかというと、

 

f:id:Tc203-107:20191004082942j:plain

JR時代からの「三鷹色」を保っていたクモハ169-27・・・

実はこの「クモハ169-27」は

元々は先代のフジサン特急車両である

2000形の予備部品確保のために

JR東日本から譲渡された

169系のうちの一両だったんです。

 

近年までJR線内では消滅した

貴重な三鷹色」を纏った状態で

残っていたことでも有名な車両ですね。

 

つまり同車は営業運転用の車両では無く、

「部品取り車」として

富士急行に入線した車両だったのです。

元々は一編成(3両)丸ごと入線していましたが

そのうちの2両はすぐに解体されました・・・

 

f:id:Tc203-107:20191221082522j:plain

同じく下吉田駅で保存されている2000形

ja.wikipedia.org

169系の部品提供先となる2000形に関しても

同じくJR東日本から譲渡された車両でして、

元々は165系から改造された

ジョイフルトレインである

「パノラマエクスプレスアルプス」

編成だった為、

165系」の兄弟形式である「169系」が

部品取り車として選ばれたということですね。

 

f:id:Tc203-107:20191221082305j:plain

この位置から見れば普通の保存車両・・・??

話は保存車のクモハ169-27に戻りますが、

下吉田駅で保存されている同車ですが、

塗装以外で「大きく変わった点」

あることにお気づきでしょうか・・・

 

f:id:Tc203-107:20191004082942j:plain

左側の灯具類が無かった部品取り車時代・・・

実はなんと部品取り車時代に失ったはずの

前面左側の灯具類前照灯・尾灯)が

「復活」しているのです。

 

部品取り車時代の姿を確認すると、

前面左側の灯具類にテープ(ガムテ?)で

養生されているのが確認できますね。

 

ここで一つ疑問に思うのですが、

保存車として復活した際に復元された

灯具類たちは一体どこからやってきたの

でしょうか・・・

 

f:id:Tc203-107:20191004085357j:plain

高崎車の115系

実はこの灯具類の発生元は

169系と同じく国鉄型車両である、

高崎車の115系の物(?)ではないか?

という説が有力です・・・

 

下吉田駅においてクモハ169-27の保存が

開始されたのは2016年頃。

丁度その当時は高崎車の115系の置き換えが

進行しており、廃車回送された編成の中には

前面の灯具類が撤去された車両が居たため

おそらくその部品の一つが

「クモハ169-27に移植されたのでは?」

ということです。

 

実際に塗装変更前に三鷹色の状態で、

左側の前照灯のみがオレンジ色になっている

復元途中の同車の姿がネット上に

投稿されていたりしたので、

その画像から判断する限り私自身も高崎車の

115系の物ではないかと思っています。

 

f:id:Tc203-107:20191004090929j:plain

115系(?)の物が移植された左側

f:id:Tc203-107:20191004091035j:plain

当初から169系時代のままである右側

その結果として前照灯部分をよく見ると微妙に

左右で異なるのが分かりますでしょうか。

復元された左側の方が若干白っぽい

(クリアな)感じがしますね。

 

実際のところは確実に断言できませんが、

おそらくやはり115系の物かもしれませんね。

 

しかし決定的な証拠が出ていないので

未だに謎です・・・

 

f:id:Tc203-107:20191221202817j:plain

保存車両においても沼要素だらけな富士急行・・・(違

 

いかがだったでしょうか。

謎が謎を呼ぶ保存車両でしたね(笑

 

他にもこんな感じの

謎に包まれた保存車両が

日本のどこかに

まだいるのかもしれません(笑

 

今回は富士急行線下吉田駅で保存されている

謎の保存車「クモハ169-27」についてでした。

 

それではこのあたりで。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

では・・・